千尋と恋のビーチサイダー
現在のthe★magicians

1999/04 サークルにてその頃まだ初心者だった新入生佐々木千尋と出会う。
中堅俳優ベンガル激似の顔に驚く。
その後から
これまでの
佐々木千尋
 

「イザナギ」「プレハブ」などライブハウスでの活動も多いものを含む、多数のバンドを掛け持ち。かなり気のおけない後輩として、the★magiciansのメンバーそれぞれとも、影でいろんな企画バンドを組んだり、飲んだり飲まれたりする。特に涌井は家が近かったこともあり、千尋家に入り浸り、泥酔で車にはねられそうになった時幾度も千尋に助けられる。命の恩人。
the★magiciansの代表曲「恋のビーチサイダー」は、実は、昔涌井と千尋がサークル合宿で組んだ企画バンド「ビーチサイダーズ」の曲。メンバーと千尋が組んだ企画バンドは、全部思い出せないくらい多く、ちょっとした形で1st. demo CD「純情・色物大王」や、非売品CDに参加もしている。

卒業してからも、なにかにつけ呼び出されたり、おしかけられたり、そのまま泊まられたり、涌井と加藤とバイト先が同じだったり、the★magiciansから交流を余儀無くされる。とにかく涌井の千尋に対する気の許しっぷりは、昔から目を見張るものがある。

2003/07/26 ザ★マジシャンズのイベント「君に胸キュン!落として今夜・」に、
千尋のバンド「サボテンブラザーズ」が出演。
2003/10/13 ザ★マジシャンズ 1st. full album「上へ参ります」先行レコ発ライブ。
観に来ていた千尋も、普通にCDを購入。
2003/11 大樹が脱退を決意。
なんとなく察してはいたので、次のメンバーを探そうとするも、難航。
2003/12

あまりに身近にいすぎて気付かなかった千尋の存在にハッとする。

千尋はそれまでやっていた「サボテンブラザーズ」以外のバンドを脱退。
ザ★マジシャンズへの加入を決める。

2004/02/01 大樹脱退
2004/02/24 千尋デビューライブ。三宮マージ−ビート(NOAHの本田多聞選手トークショー前座)
びっくりする程違和感のないライブで一安心。
近況 さすがに5年も観続けているだけあって、千尋はかなりマイナーな曲まで知っている為、メンバーの方が焦ることも。先日のプロモーションビデオ撮影現場では他のメンバーを圧倒する演技を見せ(編集では大分カットされている為、お見せできないのが残念)、これまで千尋がやってきたバンドのライブでは見せなかった千尋の姿を、ザ★マジシャンズのライブではお見せできる予感。。。

「マジシャン図」へ戻る

「大物新人大樹」へ戻る
「マコトが増えた」へ戻る
「なりゆきマジカル・ナラザキブルース」へ戻る