マコトが増えた
マジシャンズベルボ率up・平均年齢down
マジシャンズの非売曲、『さよならのかわりに』を聴きながらごらんください。
この頃のthe★magicians

2000年夏 Dr.ナラザキ、バンドを1つに絞るためthe★magicians脱退を決意。
そんな時がいつか来ると感じていたリーダーワクイ、既に目を付けていたサークル後輩・蔵田誠の獲得作戦開始。
2000/08 とりあえずサークル夏合宿に来れなかったナラザキの代役をクラタに依頼。
クラタ、合宿で初練習+掛け持ちバンド多数にも関わらずいきなり新曲を含め3曲を覚える。
2000/09 Dr.ナラザキ脱退。拾得でラストライブ。
いろんな思い出がある場所だけにメンバー一同別れを惜しむ。昔の仲の悪さはどこへやら。今では同回生であるミチコと、お互い認めあう「サークル内での唯一の親友」に。
そのあとすぐさまクラタ正式加入!
マジシャンズのマコト人口が2人に増える。ベルボ率も75%にup。初ライブは扇町DICE。いきなり立大学祭の大夜祭にも出演でき、よき想い出に。
2001/04/25 1st.demo CD「純情・色物大王」発売

『奈良崎幸司脱退!新ドラマー蔵田誠参戦ヒストリー』

←執筆:
 リーダーワ●イさん
 所属サークル"Rock Commune"の夏合宿に4人揃って参加するはすが、奈良崎幸司の別バンドLimited
Express(has gone?)に合宿期間中のライブが入ってしまった。もともと幸司君のメインバンドはあちらだった
ので、我々マジシャンズはいたしかたなく、彼の特急発進を見送ったのです。この時点で事実上、幸司君は
has goneしちゃってました。"?"マークは消えたのです。
 さて、ドラマーがぬけたままではマジシャンズ、合宿へ行く意味がなくなっちゃいます。Rock Communeに
おいてドタキャンは許されません。そこでワクイ元部長、一休さんばりにピンときました。自分と同じ名前の
ドラマーがコミューンにはいたのです。"マコト"という名で悪い奴はいない。そう確信している極悪元部長ワ
クイは、当時持っていた部長の権限を利用して、クラタ現Dr.を呼び寄せたのです。越権行為です。マコト神話
を部長は自ら崩壊させたのです。
 ま、冗談はさておき、クラタ君は快く我々のドラムを引き受けてくれました。2人あわせてマコチャンズ。
4人ならんでマジシャンズ。新しいマジシャンの今後のドラムトリック。見物です。

  
「大物新人大樹」へ進む
「千尋と恋のビーチサイダー」へ進む

「マジシャン図」へ戻る
「なりゆきマジカル・ナラザキブルース」へ戻る