大物新人大樹
ザ★マジシャンズ平均年齢さらにdown、平均体重up!
この頃のthe★magicians

2001/04 サークルの新人勧誘と新入生歓迎ライブでせっせと働く大樹を目撃。知らない間に良く働く2回生の新入部員が入っていたんだなぁと、この頃の自分達のサークル事情離れを実感。
しかし実は大樹は数日前に入部した正真正銘の1回生だった。以前よりかなりましになったとはいえ、この打ち解けづらいサークルに、数日ですっかり、下手すると2回生以上に馴染んでいる大樹に脱帽。しかしかかわりは持たず。ただでさえドラマー不足の上、経験者が少ないサークル内で、ドラム歴が長い大樹は引っ張りだこに。
2001/08
 
合宿で少しだけ大樹と接触。
ミチコに関してはこの頃ようやく大樹の名前を知る。
2001/10 蔵田脱退決定。
定期演奏会の打ち上げで、先輩バンド越後屋の藤井氏とともに大樹獲得に乗り出す。全くといっていいほどかかわりがなかったマジシャンズからのかなり唐突な依頼に驚くも、大樹快諾。
2001/10/30 京都拾得でのライブ(w/片山ブレイカーズ&ザ・ロケンローパーティー/騒音寺)を最後に、蔵田脱退。
河嶋大樹が加入。
蔵田の時以上に平均年令が下がる。ただし大樹はかなり老成していた。3・4歳離れているのにジェネレーションギャップが全くないという恐るべき十代に、メンバー一安心。メンバーもあまり知らない浜省をカラオケで熱唱する大樹の姿に少し心配なのは、大樹に同回生や年下の友達がいないこと。
その後 マジシャンズ内のヒエラルキーが、明らかに以下の形に↓
ワクイ=ミチコ > 大樹 >>>>>カトウ
2002/08/28 2nd. demo CD「3時の愛憎劇-再-」発売
2003/10/13 1st. full album「上へ参ります」ライブハウス先行発売
2004/02/01 河嶋大樹脱退。(以下参照)

『脱退に関して。河嶋大樹より
この度、私河嶋大樹は2003年2月1日梅田ハードレインでのライブをもってザ★マジシャンズを卒業します。これからは、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティのドラムに専念し新しいことにチャレンジしていこうと思ってます。
1回生の冬から約二年二ヶ月。数百のリハと数十のライブを重ねてきました。大阪女学院から始まり、初のライブハウス出演。初の音源制作。初の東京ツアー。バンドをするにも全く目標がない時、マジシャンズに加入させて頂きとても充実した日々を過ごして来たように思います。
応援してくださっている皆さん。ライブ等ではお見苦しい所も多々あったでしょう。ごめんなさい。でも今までに皆さんの中に少しでも喜怒哀楽が生まれていれば幸いです。
今までありがとうございました。ザ★マジシャンズはまだまだ走り続けますのでご支援よろしくお願いします。僕のことも忘れないでね。
対バンした方々、その他関係者の方々。とても刺激的な時間をありがとうございます。またご一緒することがあれば、そのときはよろしくお願いします。
最後に。
左手に見える加藤康祐。右手に見える望月身知子。常に前を遮って何も見えなくさせる涌井慎。
感謝してます。ありがとう。
では。

「千尋と恋のビーチサイダー」へ進む

「マジシャン図」へ戻る
「マコトが増えた」へ戻る
「なりゆきマジカル・ナラザキブルース」へ戻る